お互いの両親にも挨拶して結婚する予定だったのに振られた体験談

お互いの両親にも挨拶して結婚する予定だったのに振られた体験談

私が26歳の時の失恋です。
彼の実家への挨拶を済ませ、私たちは順調に結婚の準備をしているつもりでした。

 

私の実家へ一緒に帰省し、そこで彼を婚約者として紹介するつもりでした。
彼もそのことは了承してくれていましたし、私はとても幸せな気持ちでその日を待ちわびてした。

 

そして帰省の一週間前、急に彼と連絡が取れなくなりました。
メールの返信もなく、電話しても携帯の電源が入っていないという案内が流れるだけでした。
彼が私のマンションに泊まりにくる日だったのですが、残業が長引いてバッテリーが切れたのかと思い、その日は先に寝ることにしました。

 

しかし、翌朝になっても彼は帰って来ませんでした。
彼の職場に連絡して、数日前に彼が退職していたことを知りました。

 

理由は「一身上の都合」としか聞いていないようでした。私は彼の実家にも連絡しました。
しかし、彼のお母様がヒステリックに怒鳴るばかりで何が何だか分からないままでした。
何となく感じたのは、彼は実家に戻っているということと、お母様の中で私は悪魔のような女という設定になっているということです。

 

結局、その後彼からは何の連絡もありませ
ん。彼のお母様のヒステリック振りが怖くて、私は引っ越しを決めました。
引っ越す日までは友人のところに泊めてもらいました。

 

実家には情けないですが、「婚約者に逃げられた」と報告しました。
父は激怒していましたが、母は「戸籍に×がつく前に逃げてくれて良かったじゃない」と笑っていました。
私も、あんな恐ろしい人が義理の母にならずに済んで少しホッとしました。

 

婚約を破棄された感じですが、怒りよりも呆れて果ててしまいました。
まさか彼がこんな人間だったなんて…。

 

例え何か理由があったとしても、連絡や別れ話くらいはできたはずです。
私に至らない点があれば喧嘩をしてでも言って欲しかったです。

 

あれから数年経ちましたが、何となく婚活をする気になれないまま仕事に没頭して過ごしてきました。
男性不信ではないですが、どこかでまた傷つくのが怖いと思っているのだと思います。
ただ結婚に憧れはあるので、そろそろ何か行動しないといけないなぁと思い、婚活パーティーに行き始めました。
素敵な出会いがあればいいなぁと期待しています。